2022.04.27

四人囃子『4 x 45 rpm』アナログ12インチ/45回転/クリアブルー盤 エントリー開始!

活動50周年を迎えた2021年、スピンオフメンバーで『FUJI ROCK FESTIVAL』への参加を果たした伝説的ロック・バンド、四人囃子のメンバー岡井大二が、音質にこだわった新たなアナログ盤企画を立ち上げた。

 

本企画は、ポニーキャニオンSEE・SAWレーベルに残したアルバム3枚 『PRINTED JELLY』、『包』、『NEO-N』から代表曲4曲を選び、最新リマスターをほどこし、音質にこだわったアナログ12インチ/45回転/ブルー盤仕様となる。

 

こちらの商品化を目指して、ポニーキャニオンのパッケージ・オーダー・プロジェクト<POP>にエントリーし、予約・注文の受付が4月27日(水)からスタートした。

 

本作の予約締切日は6月30日(木)。

 

■予約申込み受付はこちら

https://pop.ponycanyon.co.jp/product/532

 

【商品概要/新規予約購入申込商品】

四人囃子 『4 x 45 rpm』  [完全限定盤]

仕様:アナログ12インチ/45回転/クリアブルー盤

価格:4,400円(税込)

収録曲

Side A

01 ハ・レ・ソ・ラ  (『PRINTED JELLY』 より)

02 Neo – Polis  (『NEO-N』 より)

Side B

01 眠たそうな朝には  (『包』 より)

02 Noctovision For You  (『NEO-N』 より)

 

 

プロジェクトスタートにあたり岡井大二からコメントが届いた。

 

「昨今のアナログ盤ブーム、、いち音楽ファンとしてニンマリしてしまう日々でありますが、このバンドのー“工夫を凝らしたロックポップ”アナログ盤聴き―が、なかなか良いものになりそうです(手前みそですみません)。四人囃子の全作品リイシューが進んでいることもあり、Boxセット『Ride On SEE・SAW』から主要曲を抜粋しました。『Printed Jelly』(1977年)、『包』(1978年)、『Neo-N』(1979年)の各A面トップの3曲に加え、1979年当時に果たせなかったシングル盤リリースへの想いを込めて、それに相応しい出来栄えを全うしている『Neo-Polis』をピックアップしました。全4曲入り12インチ45回転盤です。45年ほど前に当時20代半ばのミュージシャンが作った音源ですが、プレス技術者の方推奨のブルー盤を選択した上で、より良い音を刻む45回転を採用し、現代仕様のカラーレコードに生まれ変わる予定です。聴きごたえの感想が自分たちに届くことを楽しみにしています」

 

また、予約申し込みページには、岡井の頭の中に出来上がっているカラフルなジャケットデザインのイメージが披露されている。